らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~我想う

我想う。 地球のお世話係~Eikyo~の意見や想いなどを述べております。

らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~我想う イメージ画像

更新情報

12年ぐらい前のカンボジアを旅したときの出来事。ベトナムから飛行機でプノンペン入りした僕はプノンペンの空港で知り合った日本人バックパッカーと1泊4ドルの安宿をシェアすることにした。そこは1階はカフェ兼レストランで、2階から上の階が宿泊部屋でとなっており、
『カンボジアの風』の画像

 「創造する」ということを考えてみると、何もある日突然これまでに見たこともないものが生み出されるってわけじゃない。それはかつて100年前の人々が宇宙に行くぞと思ったのと一緒ではないだろうか? 宇宙に出るためのロケットを作り出すまでにはそれまでのいろいろなもの

 オリオンの輪の中にぼんやりと広がりのある輝きを放つアナザー銀河。その中の星にもうひとりの自分がいる。 「もうひとりの俺、俺も頑張るから、お前もがんばってくれ。俺はこの地球で地球と共生・共発展を目指していくから、お前はその星をよりよい星となるようにしてく

かれこれ10年以上前のこととなります。僕はアメリカのイエローストーンナショナルパークにいました。と言っても、当時はとあるメーカー企業に務めていたこともあり、一週間程度の短い夏休みを利用してのバックパッカー旅です。1週間ほどの夏休みをこのアメリカ最初の国立公
『分水嶺』の画像

松山市の旧北条地区にある標高986メートルの高縄山。松山中心街から車で1時間半から2時間程度で頂上近辺まで行くことができる。頂上付近には高縄寺という山寺があり、この寺はかつての伊予松山の豪族河野家の菩提寺であり、独特の重みのある雰囲気を漂わせている。今から8

①シンプルかつエレガント  ~「シンプルかつエレガント」これがすべての基本となります。生活の仕方(生活スタイル)、ものの選び方(選考基準)、価値判断などそれらがシンプルかつエレガントであるかどうか確かめてみましょう。~ 世の中シンプルなだけのものならたく

① 人間は地球の恵みの下で生きている考えてみてほしい。私たち人間は地球の恵みなしに生きていけるかどうかを。私たち人間がこうして日常生活を続けられているのは、すべて地球の恵みのおかげである。人間は地球の恵みなしには生きてはいけない。空気にしても、食物にして
『僕等は地球のお世話係~原則編~』の画像

 5月の瀬戸内海はやすらぎの空間である。この時期自転車で海岸線を走ると快適この上ない。途中自動車の雑音から離れるために道路から離れた海岸線で自転車を止め堤防に腰掛け海を眺めてみると、向こうには忽那諸島が眺められ、漁船はゆっくりと横切っていく。柔らかな日差し

 昨年の8月30日の衆議院議員選挙で民主党が政権を奪取したことは日本の「市民革命」であったことは間違いない。日本国民がこれまでの政権に愛想を尽かし、変革を求めて1票を投票し、その結果誕生した市民革命政権であった。けれどもそれから9ヶ月たつ今、その市民革命の火は

 現在の世の中で、本来聖なるものであるはずのものが崩れてしまっているものが3つある。もっと探せば4つも5つもあるのだが、ここは3つに絞っていく。なぜなら自分の心の中にパッと入ってきたのが次の3つであったからだ。 その聖なる3つのものとは「生」・「性」・「正(誠

 アインシュタインの言葉に「いかなる問題も、それが発生したのと同じ次元では解決できない。」というのがある。つまりその問題を解決するためには、違う次元(視点)から眺め、考えなさいということだ。 今この地球は自然破壊・気候変動・人口爆発・資源の枯渇等をはじめ

 今や世界的アーティスト“U2”。彼らの曲は具体的に知らないとしても、U2というこの名前は聞いたことがあるという人がほとんどだろう。U2のリーダーボノ。彼がほとんどの詩を書いているが、彼の書く詩はどれもが印象的だ。 彼らの代表曲のひとつにに「ONE」という曲がある

 沖縄での普天間の基地移設反対、徳之島への移転反対。日本国民はこの米軍基地移転に関して高い関心を持ち、今後の展開がどうなっていくのか5月末に向け固唾を呑む思いで見守っていくだろう。 多くの国民は沖縄県民のこれまでの苦しみに同情を寄せるし、美しい海が破壊され

 「日本の債務残高は約1000兆円になろうとしており、これはGDP比200%以上」まさに日本はこれまで借金を重ねてきた上での繁栄であったことがわかる。今年度の国家予算も国債発行額のは税収の2倍以上という異常さだ。 月給約20万円の人が月50万の生活をするには30万の借金が

 人間の定めとは「天に抱かれ、地に生きる。」ということではないだろうか。すなわちこの宇宙空間の中で宇宙の存在としてあり、この地球で大地に足をつけて生きていくということ。 そしてこの地球で生み出すもの、表現するものが自分という証ではないだろうか。その関係を

 地球も宇宙も人間に等しくさまざまなメッセージを発信している。もちろんある(高次の)ものは特定の人に対してメッセージを発しているかもしれない。けれども大きなところでは万人に向けてメッセージを発信しているだろう。要はそのメッセージを受け取る側の人間の問題な

↑このページのトップヘ