あなたは輪廻転生を信じますか?


そう質問されたならどう答えますか。日本人は昔から言われていることもあり「信じる」と答える人も多いと思います。けれども実際のところは前世占いでの話であったり、おとぎ話と同じようにとらえている人が多いのではないでしょうか?

4

実は私もある時この質問されました。その時は迷わず「信じる派です。」と答えたのですが、それではなぜ過去世の記憶がないのか、 過去世の記憶を蘇らすにはどうすればよいのかということに、すぐには答えられませんでした。そこで改めてじっくりと考えてみる機会を設け、私なりの仮説を立ててみました。


私の仮説は「今世の記憶と過去世の記憶を司る場所は違う」ということです。


どういうことかというと、今世の記憶とは脳に蓄積されていくのに対して、過去世の記憶とは魂に保管されているということです。今世の記憶庫である脳と過去世の記憶庫である魂はすべて別となっているのです。


今世この身に起きる出来事は脳に蓄積されていきます。体験すること、学んだこと、それらはすべて脳へと伝達され脳の記憶庫へ入っていきます。いわば九九を覚えるようなものです。もしくはある意味パソコンと同じで01のデジタル回路とデジタル庫(メモリ)と言ってもよいかも知れません。そしてそれらは脳神経回路を使って電気的に引き出すことが可能なのです。そして私たちはその記憶庫に蓄積された経験や学びを頼りに今世を生きているのです。


それに対して前世の記憶とは魂にエッセンスとして保存されており、それはいわば絵のようなカタチで保管されているのです。そして前世の記憶は脳のからの記憶のように思いだして使用するようなものではなく、知らぬ間に(自然に)出てくる、あるいは浮かび上がってくるものではないかと思うのです。

3_2

これもまた私自身の個人的な体験となりますが、私はかつてある人から過去世の自分を引っ張り出してもらったことがあります。その過去世を知った時に思ったのは、(ひとつの)過去世の自分と現在の自分はなんだか同じような事を繰り返していると思えたのです。もちろん多少は進化、あるいは現在に対応したバージョンとなっているようにも思うのですが、ほぼ同じ路線を歩んでいると思えたのです。


何故かというと、過去世の私は僧侶であったのですが、今世の私は仏教の世界に関わりながら、高齢者福祉やまちづくりに携わっています。現世と過去世に共通している思いは、人を助けたいという思いです。かつての仏教は人を救うことや生き方を伝えるという要素が大きかったと思うのですが、現在ではほぼ葬式仏教となってしまい、そこには人を救うという要素が失せてしまっています。(もちろん少ないながら人を救おうとしている寺もあります。)。それならば現在は福祉の方がその要素が大きく、それ故に福祉のを選択したのだと思うのです。

Photo

話を元に戻しましょう。魂の目的とは過去世も今世も常にワンネスに戻ろうとするものだと思います。ワンネスとはより大きな魂であり、魂の集合体と言ってもよいかもしれません。サムシンググレートともいわれます。そこに戻っていくことが魂の最終目的地だと思うのです。しかしながらそこに到達するには、私たちの魂ではまだまだレベルが及ばず、そのためにはいろいろな学び必要であり、また様々な課題をこなしていかなければならないのです。そのため私たちは今世ですべきこと、今世の課題があるのです。


ワンネスの方向に導くために過去世の記憶は魂に保存され、そして私たちの行動特性として自然に(気付かずに)現れているのだと思うのです。そして今世の記憶は知らず知らずのうちにそれに導かれ、学びや経験を積み重ねることによって、今世を生きる方法を得ながら、そこに向かっていくのではないかと思うのです。


しかしながら今世の記憶は、今世この時を生きようとするものです。ある意味今世の快楽に向かってしまいます。そのため過去世の記憶に反することが出てくることも多々あります。その時にはおそらく自分の中に不快感等や違和感が生じてくるのではないかと思うのです。そしてその不快感のまま行っても、おそらくうまくいかないのです。だから本当に必要な事は現在考えていることと魂(の方向性)との一致であると思うのです。

もちろん今世の記憶も魂にどんどんと刻まれていきます。それを図にすると次のようになるでしょう。

Image51_3

脳に記録されていく今世の出来事、そして魂の中に保存されている過去世の記憶。それらの記憶の保管場所は違っています。そして今世の記憶は脳から魂の記憶保管場所へ直接行きますが、過去世の記憶は脳へとは直接行くことはありません。心の中にうっすらと浮かんでくるものです。だから過去世の記憶を脳が思いだすことはありません。

Photo_3

しかしながら時に過去世の記憶を覚えている、あるいは思いだす人もいます。その人たちはおそらく心に浮かんできた絵を言語へと変換しているのではないでしょうか。あるいはもしかすると私たちの遺伝子かどこかにそのようなスイッチや回路があるのかもしれません。(松果体?)


輪廻転生と過去世の記憶。あなたは過去世の記憶を思い出したいと思いますか? けれどももしだれもが過去世の記憶を(はっきりと)持って生まれてきたら大変だとも思うのです。ふと目の前を通った人が、かつての私を殺した人だったら。あるいは目の前に現れた男性〈女性〉が、かつては「今度生まれ変わったときも一緒になろう。」と誓いあった最愛の女性〈男性〉だったとしたら


ともかく(過去世の自分を思いながらも)現世を素直に一生懸命生きたいものです。





らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~