思うに、この世界をHappy Worldにするための方法は既にできている。それもかなり前にできていたのかもしれない。けれどもそれができなかったのは人間の意識の問題だったのだろう。

 〇×〇×〇=Happy Worldという公式があったならば、何を入れるだろう。

 僕が考えるに、ひとつは「微生物」。

 日本って発酵食文化。みそ、梅干し、納豆etc。その発酵をおこすのが微生物。僕らの体は微生物によって守られている。いや、守られているだけでなくつくられているって言ってもいいのでは?

 その微生物によって放射能さえも除去できる。でもそのことが大きくニュースに取り上げられることはない…。

 更には今の日本は除菌、除菌といっては何でもかんでも微生物を殺してしまえという風潮。中にはお味噌や梅干しも添加物で微生物を殺してから出荷しているのもあるとか…。

 日本の発酵文化は何のため?

 次の〇には「(ちょっとした)フリーエネルギー」。

 今の世の中電気(動力)をおこすには、最近でこそ太陽エネルギーなども出てきたけれど、大半が石油などの化石燃料によってできている。もうひとつ原子力発電もあるけれど、こいつは除外。

 ホントはニコラス・テスラがフリーエネルギーの道を開いていたにも関わらず、一般ピープルにはその道を閉ざしてしまい、石油に頼るようにされてしまった。フリーエネルギーを開発すると、その道はイチャモンつけられたり、中にはヒットマンがやってきて闇に葬られてきてしまった。

 せっかくの技術なのになぜ公にされないか?


 さて最後に「大麻」。

 これまた日本の古代から使われてきたもの。

 大麻は医療にも、衣類にも、食文化にも、そして神道にも使われてきた日本の文化的基礎をなすものだった。最近ではプラスチックの代替品にもなれば、石油に代わるエネルギーともなる。それが戦後「痲薬」だということで封印されてしまい、今の日本人のほとんどがそのことを信じ切ってしまっている。まさにマインドコントロール!

大麻×微生物×(ちょっとした)フリーエネルギー=Happy World

 僕の中では素晴らしき方程式だと思うのだが・・・。残念なことにこれらが出てくることによって、これまでの特権を失ってしまう人が出てくる。そしたら美味しい思いができなくなるじゃないかって思う人達がいる。特権を失うのを恐れている人達がいる。

 特権を失うことを恐れている人達は、失った後の自分たちがみじめになるのではと思っている。でもホントはみんながHappyになれるのだ。その特権を持てった人達も含めてHappyになれるのだ。特権者たち自身も思い込みにより、自分たち自身をマインドコントロールされている。

 世界をHappy Worldにするものは既にそろっている。もし足りないものをあげるとすればそれは「人間の意識」だ。足ることを知らず、むさぼることだらけの欲望人間には残念ながら制限がまだ必要だ。でないと地球があっという間に壊れてしまう。

 さあさあ、今や激動の時代。この時代を意識の向上の機会にしなければ!

 地球自身が次元の上昇をしようとしているといわれているこの時代。人類はふたつの世界に分かれるという。ひとつは地球とともに次元上昇する人達。そしてもうひとつは地球以外の貪り合う別の星へと生まれ変わっていく人達。

 さてさてあなたには自由が与えられている。どちらの世界に行くかという。目の前に切符は提示されている。あなたはどちらを選びます?