占いで「過去世ではあなたは○○でした。」などと言われたことがある人も多いと思います。あなたは中世ではヨーロッパの貴族でしたとか、鎌倉時代に武士で殺されましたなど、そういわれると自分の中にそれらしき習慣のようなものを感じたり、なんとなく思い当たるようなものがと思ったりもします。それを信じようが信じまいが、どちらにしろ人は過去世を言われると大なり小なり興味を持つのではないでしょうか。


さて、四国のとある山の中に小さな不動尊(不動明王像を祀ったお寺)があります。そこへかつてほぼ毎月通っていたことがあるのですが、今回はその理由を含めて、過去世にまつわる話しを書きます。


Photo_12


もう10年以上前のこととなるのですが、とある地図を見ていると、山の中に不動尊があるのを見つけました。その不動尊は普通の地図には載っていないのですが、その地図には卍マークと共に掲載されていたのです。すると何故かそこを訪れなければならないと思い始め、ある時何かに憑りつかれたようにそこを目指しました。その不動尊への道は途中から山道となり、細い道を滑るように坂道を下り、遂にその場所へたどり着きました。着いたとたんに「ここだ!」と感じると同時に、何故か涙があふれ出たのです。


そのお寺のお堂2箇所で般若心経を唱えた後、周りを見渡すと、夕方前で雨も降り始めたということもあり誰もいませんでした。本堂近くに母屋のような家があったのですが、そこも物静かです。誰かいないか探してみたものの、誰もいそうもないので、しばらくしてその日はその場を立ち去りました。


Photo_13



それから数年後、そのお寺のことを思い出し再び訪れました。すると今度はそのお寺の住職さんが庭で作業をしていました。そこで声をかけ、かつてここを訪れた際涙を流したことを話すと、住職は興味を持たれたのか、(説法)部屋にあげてくれ、様々な仏教についての講義(解釈)をしてくださりました。残念ながらその講義はかなりレベルが高いものであり、ほとんど理解することができなかったのですが、それはこれまでに聞いたことのない独特な解釈をされたものでした。そして一連の説法が終わると、住職からヨガをやってみないかと言われので、「はい」と頷き、住職とそのお連れの方と一緒に本堂を訪れました。


本堂で正座し、目を閉じ、般若心経をみんなで一緒に唱え、その後も目をずっと閉じていました。そして住職から「あなたはどなたですか?」と声をかけられると、始めは何もなかったのですが、しばらくすると体が勝手に動き出したのです。その動きは最初は小さく首がゆっくりと動く程度であったのですが、徐々に大きくなり、最後は腰からグルグルとまるで鎌首を上げた蛇が体を回すように大きくなっていったのです。


住職は再び「あなたはどなたですか?」声をかけてきました。けれどもその質問に声を出して答えることはなく、時に頷くことはあっても、ただ体をグルグルと回すばかりです。更に住職が質問を投げかけると、今度はボロボロと涙を流し始めたのです。まるで子供がぐずるように鼻水まで垂らしながらボロボロと泣き続けるのです。


しばらく住職との問答が続くのですが、それに対して声を出して答えることはなく、ただ体を回したり、泣いたり、手をジェスチャーのように動かすだけでした。そのジェスチャーを住職は読み取って次々と質問をしていきました。そしてどの位の時間が経ったのか分からりませんが、問答(ヨガ)が終わったのです。


一体私はどうしてしまったのでしょうか?意識はありました。けれどもその間何か別の私が私の体の中におり、それら一連の動作を行っていたのです。一体何が起こったのでしょうか!?まるできつねにつままれたような時でした。


Photo_14



本来ならとても気味の悪い出来事なのですが、私はその体験に異常に興味を持ちました。それから12か月に1度そこを訪れるようになり、お寺の掃除をして、その後仏教講義を聞き、最後にヨガを受けるようになりました。(住職の都合でヨガをしてもらえない時もあったのですが…。)


ヨガの最中いくら住職らが何かを尋ねられて言葉に出しなさいと言われても、相変わらず喋ることはなく、頷いたり、ジェスチャーを繰り返したりするばかりなのです。時に両手を天高く突き上げることもあれば、床にひれ伏すように礼拝することもあります。ある時は体を後ろに倒れるか如くにのけぞらせたり、時に涙を流したりと、そんなことが続いたのです。


実はその住職がされたヨガは、過去世の自分を引き出すものだったのです。それがその住職の能力によるものか、その場所がそのようにさせるのか分かりませんが、住職の問いに対し、私はジェスチャーでその問いに答え、段々と遠く1000年以上前の過去世が明らかにされていったのです。


ちなみに初回に体をグルグルと動かしたのは、自分の中の獣の部分、私の場合は蛇が出てきたそうです。蛇以外にも人によっては狐や狸などが出てきたりすることもあるそうです。


Photo_15


占い師が、生年月日や名前、あるいはカードなどを見て、過去世を一方的に言って行くのではなく、その住職の問いかけに(ジェスチャーで)応えながら、過去世が明らかにされていくのでした。催眠術か何かにかかったのでしょうか?それとも密教者の呪術というものなのでしょうか?そうして私は過去世の私を知ることとなるのです。



(以下次回へ




らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~