気がつけば自分で事業を立ち上げ1年以上が過ぎていた。

 始めは居候状態であったが、今では一応ひとり立ちし、主の身。けれども相変らず収入なしの金欠状態。記録更新中!(どうやって生きているのだろう?自分でも不思議…。)

 この状態「悪戦苦闘!」と言えるのだろうが、実は意外と本人のんびりしている。以前はどうしよう~と焦ってもいた時期もあったのだが、今ではなるようになる!との想い。ある意味開き直ったのか、それともようやくこのビジネス社会の中で落ち着きができてきたのか…。とにかく純粋に自分のやりたいことを自分のペースで楽しむ!との感覚で行っている。

 普通の人ならきっともっとうまくやって、人とのつながりもどんどん作り…と事業を進めていくのだろうけれど、自分の場合、人との付き合い下手、口下手、会話ができないなどなど(おそらく)発達障害状態なので、無理してもストレスで自分が参ってしまうだけ!(これまでがそうだった。)だから自分のペースでコツコツと!

 それでもいろいろな人の意見を参考に、自分の考えを少しずつ修正したり、企業の視点を取り入れたりして、事業の修正をしながら進めている。

 けれども当初からの想い「この社会をよくしたい!」「障がい者をもっと社会に出られるようにしたい!」との想いは変わることなく、ぶれることなく(~これだけはぶれさせない!~)、自分の持つ小さなつながりを頼りに細々とこの1年間続けてきた。

 そしたら最近少しずつだけれども、自分の望む方向に向いてきている、そんな気配を感じるようになった。自分の想いの卵の殻が破られ、ひよこが誕生するのではないか!?とそんな期待が持て始めた。

 このまま続けていけば、もしかするとまた一つ自分の夢が叶うのかもしれない。(ワクワク)

 いや~、きっと周りから見れば、あいつはトロトロして、一体何を考え、何をしているのだろうと思われているのだろう。でも自分がしたいのはビジネスじゃない!ビジネスの力を利用したいということ。そしてそれを通じて障がい者の支援をすること、社会をよくする(社会課題を解決する)こと。

 だから、きっとお金は後からついてくる!

 最近伊那食品工業代表取締役会長である塚越寛さんにはまっている。塚越さんの著作「リストラなしの『年輪経営』」の中に、「利益は健康な体から出るウンチ」であるという事が書かれている。ウンコは自然に出るもの。利益も同様。健全な体に健全なウンコあり!健全な事業に健全な利益あり。只今自分の食べたものは胃から腸へ移動したところ。この後いよいよ最終工程を得てウンコに!?

 いいウンコが出てきますように。

 いやいや願っちゃいけない。自然に出るものだから…。




HP「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。