1年以上前からお味噌は高知県四万十市の農家から買っています。1ヶ月ほど前そのお味噌を取り寄せたのですが、そのまま数日間放置していたら、お味噌が入ったナイロン袋がパンパンに膨れ上がっていました。いや~呼吸しているわ!と思ったのですが、道の駅などで売られているお味噌の袋には小さな穴があけられていますが、このためなのだと改めて思った次第です。お味噌は生きているのです!


数年前から自分で米のとぎ汁乳酸菌を作るのですが、こちらも放っておくといつしかペットボトルがパンパンになり、破裂するんじゃないのか!と思うまでになっていることがあります。それを見るたびに「こいつら生きているな~!微生物の力って本当に凄い!」と思わずにはいられません。


Photo_3


お味噌を始め、漬物、醤油、お酒など、日本(の伝統)食は発酵(食)文化であるとつくづく思うのですが、この発酵を担っているのが微生物です。それらは眼には見えませんが、きっと日本の気候風土が多様な微生物の棲家に適しているのでしょう。日本の気候風土に感謝です。


また最近腸内フローラという言葉がよく聞かれます。私たち人間の腸内には100種類以上100兆個以上もの細菌が生息しています。それぞれがまとまって腸内壁面に生息してまるでお花畑のようであるためにフローラと呼ばれます。まさに私たちは菌と共に生きているのです。


Photo_4


ところが現在スーパーで売られているお味噌や漬物などの発酵食品の多くは、(発酵が進んで)味が変わらないようにするために、保存料が使われています。いわゆる添加物によって微生物よる発酵が進むのを止めてしまっているのです。もっと言えば微生物が殺され、防腐剤が入れられているのです。


それらの添加物威力でいつまでたってもその食品は腐ることなく、味も変わらず、そのままの状態です。余談となりますが、日本人はたくさんの防腐剤を体にとりいれているお陰で、最近は死んでも以前のように腐敗が進まないという噂もあります…。(怖)


ところで先日お餅をもらったのですが、そのままテーブルの上に置いていたら、3日後カチカチになった上にカビだらけになっていました。(人間よりもお餅の方がカビが生える?)これが本当だと思うのです。けれども量販されているお餅はいつまでたっても柔らかなままで、カビが生えることもありません。これぞまさに防腐剤等の化学物質の威力です。


これって本当に良いことなのでしょうか?もっと言えば食べ物なのでしょうか?


Photo_8


かつての日本の一般家庭ではお味噌に、梅干し・漬物と沢山の発酵食品を自分の家で作っていました。その為その家にはその家独特の発酵菌が住んでいたといわれます。そしてそれがその家の味ともなっていたのでしょう。けれども今ではそうやって時間をかけて発酵食品をつくることもなくなり、作ったとしても市販されている「一夜漬けの素」を使用したお漬物となってしまいました…。(全国均一の味となりました…。)


また生活を見てみれば、現代の住宅は高気密、高断熱をうたい文句とし、随所に抗菌コートされたモノが取り入れられています。その上除菌剤・除菌スプレーで徹底的に菌を退治し、限りなく菌ゼロ空間に近づけようとしています。そしてそれこそが安心で快適な空間とされているようです。もうその家に住む発酵菌などどころではありません。(けれどもそれが故に逆に菌に対する抵抗力もどんどん低下中…!?


体外で除菌され、体内中で(保存料・防腐剤により)殺菌され、更には取り込まれるのは遺伝子を組み換えされた菌であったり、同じく遺伝子組み換えされた植物を加工した物です。中には殺虫遺伝子が組み込まれているトウモロコシからつくられたものもあります。


これでは細胞が異常にならない方がおかしいのではないかと思うのです。まともなものを食べていないのですから、がんになるのも当然でしょう。更に最近では放射能で追い打ちをかけられています…。


Photo_5


現代生活は忙しくて、料理などに手間暇かける時間がなくなっているのは分かります。けれどももうそろそろ一時的な便利さを追い求めるのをやめて、自然に合った生活を取り戻す時が来ているのではないでしょうか?手軽さや時短を求めれば、求めた分だけ化学物質が使用され、それが体内に取り込まれ、新たな病気を生み出していると思われます。その一番の犠牲となっているのが子供たちではないでしょうか?


今の子供たちを見てください。アトピー、アレルギー、そして発達障害etc…。子供たちは将来どうなるのでしょうか?


Photo_6


今一度暮らしのあり方を見直し、昔の人びとの知恵を学び、生活に取り入れ、暮らしを変えていきませんか?それこそが現代社会の中で身を守る方法だと思うのです。昔ながらの発酵食品をもう一度見直すとともに、私たち自身の「知恵」も発酵させていきましょう!

 



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~