車の免許証には普通のブルー免許証とゴールド免許があります。ゴールド免許証がもらえる条件は「5年間無事故・無違反」です。ゴールド免許の人は、免許証の書き換え時の講習が短くなったり、あるいは車の保険料が安くなったりする特権(?)が付きます。この車の免許証とおなじで「心」のゴールド免許証があったらいいと思いませんか?もしそれがあったならば、人々はもっと心の在り方に注意を向けるようになるかもしれません。


Photo_16



私が車の免許を取ったのは18歳の時です。そして初めて車を買ったのは20歳の時で、トヨタのかっ飛びスターレットでした。しかし買ったそばからぶつけ、事故もしました。それ以降、時に電柱、時に壁、ありとあらゆるものにこれでもか!と言うぐらいよくぶつけました。別の意味で本当にカッ飛んでいました(涙)。その後も仕事の車をぶつけ、遂には人を
跳ねてもしまいました。(※ただし相手の飛び出しです。)これまでに一体どのくらいぶつけたものか回数は覚えていませんが、私ぐらい車をぶつけた人間はいないのではないかと思えるほどです。


あまりにも車をぶつけるので、その時東京(埼玉)に住んでいたこともあるのですが、転職をきっかけに車の運転は一切しなくなりました。みんなに「自分は車の運転が大嫌いだし、大の苦手です!」と公言し、仕事においても一切の運転を拒否するようにしたのです。


Photo_15




今思えば若き頃の私の運転は、超ヘタにも関わらず、とにかく格好イイ運転をしようとしていたのです。その格好イイ運転とはどのようなものだったのか、今ではよく覚えていないのですが、もしかするとアイルトンセナに憧れカーレーサー気取りだったのかもしれません。なんたってよく捕まりもしたのですから…。


またこれも今だから分かるのですが、当時の私は運転中に周りを見る余裕が全くなく、前方3メートル、幅30センチの視野しか見えていない状態でした。そのため先の予測など全くできませんでした。そこに身勝手なプライドと見栄だけが先行する運転をしていたのです。正直最悪なドライバーだったと言っていいでしょう。けれども当時はそのようなことは全く分からず、なんで自分はこうも事故を起こしたり、ぶつけたりするのだろう??と思っていたのです。それが故に遂には運転をやめることにしたのです。


Photo_19



ところが約10年前東京を離れ故郷に帰って来こととなり、再び車を運転しなければならなくなりました。地方都市は東京のようにいつでもどこにでもバスや電車を使っていけるわけではありません。ある程度離れた場所に行くには車が必要となります。そこで仕方なく再び車を運転するようになったのですが、やはり最初はぶつけました。ブロック塀、車庫etcぶつけること数知れず…。けれども少しは成長したのでしょうか?他の車にぶつけることはなくなったのです。その代り何故か今度は大いにぶつけられるようになりました???


年を重ねたためか、車をどこかにぶつけるたびに、次からはあそこを気をつけなければいけないとか、こんな時はこうしなければいけないと反省しながら車に乗るようになりました。運転を再開してからようやく(?)運転に関して反省と学習ということを身につけたのです。すると気がつけばいつの間にか、ほとんどぶつけることがなくなっていったのです。今では安全運転率99.5%となり、十分に周りを見ながら、ある程度余裕を持って運転している私がいるのです。自然に先々の予測も付けて運転しているようになりました。そしたら人から「キミ運転が上手だね。」と言われるようにもなりました。もちろんぶつけられることもなくなりました!(それでも今も運転は嫌いなのですが…。)人間いつになっても学習能力はあるようです!


Photo_20



さて先日車を運転している際に、「ああ、今の車の運転のように、もし自分の心をもっと上手にコントロール(運転)することができたならばどれだけいいことだろう。もっと(運転と同様に)自分自身に余裕があり、ものごとを大きく捉えることができたならば…、そしてある程度先の予測もきくようになれば…、どんなに人生が楽になることだろう。」と思ったのです。


残念ながら今の私には人生経験がまだまだ足りないのでしょうか、暇はあっても、心の余裕がありません。車でいうならばぶつけまくっています。人身事故、車両事故、玉突き事故、様々な事故を何度も起こしている状態です。


娑婆ではついつい「欲の心」が顔を出し、ガツガツしてしまいます。その為心が乱れて、行動も乱れてしまいます。緊張したり、慌てたり、イライラしたりと次々と感情が変わっていきます。運転のように適度な緊張も持ちつつ、もっと落ち着いて行動したり、話しをすることができたりすれば…。もっと自分自身をうまくドライブすることができたならば…。そうすることができるようになれば私の人生はもっと豊かになる!そう思うのです。



車と同様もう少し年を重ねていけば自然と心の余裕をもてるようになるのでしょうか?も反省がまだまだ足りないのでしょうか?瞑想をしている時は、心は落ち着き、深い沈黙の中にいます。それは心地よくあり、幸せでもあり、あるいは「無」でもあるのです。瞑想時のあの感覚が、日常でも続くようにして、穏やかにいられないだろうかと思うのです。次回の瞑想時は心の安全運転ができるようになっている自分をイメージしようと思います。


Photo_21



もし心のゴールド免許証があったとしても、それはどこかの機関から発行されるわけではありません。自分自身を振り返り、日常生活の中で大きな心を持っているかどうかです。自身が発行するのです。その特権は豊かさです。みなさんは心の安全運転できていますか?






らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~