年が明けてから株価はどんどん落ちていく。

円も円高傾向気味。

そこで日銀黒田バズーカ―砲の発射。

市場に刺激を与えるために、それも想像以上の驚きを与えるためにマイナス金利の導入。

日銀としては、理論上この政策によって市場に資金が回るようにして、かつ円安を進めることを狙っていたのだが…、

しかし結果は、意図に反して、株価は下げていく一方。

更には為替相場も予想に反して急激な円高。

これにはシンちゃん、クロちゃん2人一緒に目ん玉と顎が落っこちた!?

2人で話し合った後は、株価1000円上昇。

一体何を話し、裏で誰が何を操作していることやら…???

(今日からゼロ金利が実施される。どうなるのだろう?)

Photo_16


一方アメリカの方も誤算。

FRBはアメリカ経済は堅調と強調し続け、昨年末にドル高を目指して遂に金利を上げたにも関わらず、ドルは落ちていく一方。

どこまで落ちていくことか…。

ということで、両国ともこれまでの経済理論が通じず迷走状態。


けれどもそれは日米だけでない。

EU諸国は金融危機が続き、今度はドイツもイタリアもヤバイ???

今や超大国になりつつある中国はバブルが崩壊か?

(ただし10億の民の力はあなどれないかも???)

そして東南アジア・南米の新興国はそれらに伴い仕事がストップ

もうひとつおまけに中東、オーストラリアは資源の暴落


世界中どこもかしこも行き詰まり。

その証拠として世界の海運状況を示すバルチック指数はストップ状態。

僕らはこれからこれまでに経験したことのないような世界状況(恐慌)に巻き込まれるのかもしれない。


さてもう一度日本に戻って、円高、株価の下落のその次は?

国債はどうなるのか?

今やみんなが国債に逃げ、長期金利が初のマイナスとなってはいるが、それも今がピークであるような気がする。

暴騰の次は暴落となるのか?

金利の上昇???

その時1,000兆円の借金はどうなるのか?

そして政府の崩壊???

この先どうなることか分かりはしない。

Photo_17


けれどもひとつだけ僕が思うことは、

今回は「経済」を何とかしようとしても「ならない」ということ。

経済だけでは解決されない。

というよりも経済から離れることを考えなければならないということ。

経済一辺倒の世界はもう終わり。

そこにいては澱んでいく一方。

経済は社会(の資源)を循環させるための手段とすること。

そして経済だけではない価値観を打ち立てること。


江戸時代にはそれができていた!

けれどもそれは開国と同時にそれは徐々に崩れていき、今では末期状態となってしまったわけだが、その遺伝子は今もどこかに残されているハズ。

決して江戸時代に戻れということではない。

その時代の感覚(感性)を取り戻し、現代社会に融合させ新しい生き方を提示する。

世界もきっとそれを期待しているハズ!

だから今も(円といい、国債といい)日本が選ばれ続けている。

Photo_18


僕たちは試行錯誤しながら創造していかなければならない。

創造こそ人間に与えられた能力。

お上の世界は既得権益の維持ばかりだから、そこにはこざかしい智恵はあっても、創造性はない。

だから彼らに頼っていても何にもならない。

気づいた下部の民から、自分たちの力で始めるしかない。

小さな一歩からでも構わないから、創造の世界に足を踏み入れましょう。

その為にまずは自分たちの生活を見直しましょう。

本当に必要な物かどうか点検していきましょう。

そして21世紀に見合った生活にシフトしていきましょう。

立春過ぎてこれからが本番。

2016年はその促進年!



Photo_19




らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~