ほとんど興味を持っていなかったアメリカ大統領選ですが、このところ徐々に注目するようになってきたました。

何故かと言うと、民主党のサンダースと共和党のトランプの2人に注目するようになったからです。

サンダースは民主社会主義者と名乗り社会の改革を訴え、

一方トランプは排他主義的な過激な発言を繰り返しています。

民主党の候補と共和党の候補でありながら両者に共通することは、現在のアメリカに蔓延する激しい格差の是正です。

そこに若者や貧困層の共感を呼び支持を集めています。

1%への富の集中と残りの99%。

その底辺では白人であろうと貧困に喘ぎ、食料の配給に長い列ができています。

それこそここ数十年間アメリカが推進してきた新自由主義、新保守主義の結果であり、その是正を両者の社会主義的政策や排他主義的政策に期待する人々が多いようです。


大統領候補としてクリントンもいますが、現在のアメリカのこれまでの政治家を毛嫌いする風潮、そして過去の散々の黒い噂などからしていかなるものでしょう…。

というよりも個人的になって欲しくありません。(欲望とエゴにかられ第3次世界大戦を裏で引き起こしそうなので…。)


それにしても、(テレビニュース等での大統領選の様子を通じて)現在のアメリカを見ていると、そこには自由を標榜し、世界の警察官、共産主義を敵とする姿、成功を夢見ることのできる国などのかつての強く懐深い国の姿はどこにもありません。


きっと現在のアメリカ国内の状況からして、どの候補者が大統領となろうともこの先益々内に籠もっていくのでしょう。(クリントンは何をしでかすか分かりませんが・・・!?)

州によっては独立の機運が高まっていくことでしょうし、連邦政府は分裂危機に見舞われ国内のことで手一杯となり、世界のことなど構っていられなくなるのではないでしょうか。

そして世界はそんなアメリカをいずれ見捨てることとなるのでしょう。


(そんなアメリカに今でも日米同盟強化を連呼し従順の姿勢を貫く日本は・・・。
もうとっくに終わっている国なのかもしれません。
世界最悪の原発事故を起こしてもまだ懲りていないようですし…。)


Photo_14


今私たちはひとつの大国の終わり、時代の終わりを目にしているのだと思うのです。

かつて光り輝いていたビュイック、キャデラックがいつしか鉄の塊となったように、世界最強だった国がまさに沈没していこうとしているのです。


アメリカンドリームの終焉。

同時にアメリカがここ80年で形成した地球的規模の価値観の終焉

更にはここ数百年の西洋文明時代の終焉


ではその後はどうなることでしょう???

とりあえずはロシア・中国なのでしょうが、それではおそらく根本は何も変わらないでしょう。

何故ならどちらも人間中心のエゴによって動くから。

結局はこれまでと同じことの繰り返しとなるでしょう。

天も地球もそれをおそらく許さないでしょう。

Photo_15


ではではどうすればよいのでしょうjか?

この先目指すべきは(人間が)ガイヤビジョン~GaiaVision~に目覚めることです。

宇宙の中の地球。

地球上に暮らしている生命。

人間(のエゴ)中心ではなく地球を中心に考えるようになること。

地球と共生・共発展していくこと。

Usa_2

今回の大統領選が少しでもそのことを多くの人々に気付かせるきっかけになればと思うのです。





らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~