地球文明史
巫女であるアマーリエさんの霊言によると、この地球上ではこれまでにゴンドアナ文明、レムリア文明、ムー文明、アトランティス文明の4回文明が勃興しては滅び、現在の文明は5度目の文明であるそうです。


これまでの4つの文明とは、アフリカ大陸南部(南アフリカ)と南アメリカ大陸南部をつなぐようにして大西洋に存在したゴンドアナ大陸を中心とし霊能力でもって栄えたゴンドアナ文明、インド洋に存在したレムリア大陸を中心とし芸術でもって栄えたレムリア文明、太平洋上に存在し知性・理性・感性を霊的にとらえ栄えたムー文明、そしてヨーロッパ大陸そばの大西洋上に存在しそれまでの3つの文明の総括し取り入れつつ科学の進歩で栄えたアトランティス文明です。これら各文明は終焉とともにその中心となった大陸は海底へと沈むこととなり、多数の死者を出し、そして再び人間の文明は原始的時代からやり直してきたとのことです。


Photo



現代文明
これまで4つの文明が地球上で展開されてきたわけですが、それでは現在の文明の発祥地(中心地)はどこかというと、それは日本だそうです。おそらく1万年以上続いた縄文時代からのこととなるのでしょう。現在縄文時代の研究が進みその実態が徐々に明らかにされつつありますが、今後もしかするとその確たる証拠が見つかるかもしれません。


先日テレビで放送されていたのですが、1万2千年前の縄文土器に漆が塗られていた形跡があるそうです。現在も茶碗等に塗られている漆ですが、これらは日本に元来ある漆(の木)でそのようなことをするのは不可能であり、中国産の漆(の木)でなければならないそうです。しかもその(中国産の)漆は、きちんと管理してやらなければ漆(の樹液)が取れるまでに育つことができない上に、採れるとしても1回限りなのだそうです。一体そのような木をどのようにして確保し、管理していたのでしょうか。そのことを考えただけでも縄文時代とは謎だらけです。


さて日本から今回の文明が発症し、そして世界各地へと広がっていき、これまでに世界の様々な地点が今文明の中心地となってきたわけですが、今回の文明史を振り返ると人類文明の焦点は、地球上を1611年ごとに経度にして22.5度移動するそうです。現在の焦点の中心はロンドンにあるのですが、ちょうど今は焦点移行期に当たり、次の焦点は日本の兵庫県明石市となるそうです。またその移動焦点は、正反する陰陽の対関係によって進展するそうで、約26千年で地球を一巡するようになる(※1)そうです。その点からすると縄文時代とは26千年前までさかのぼれるのかもしれません。もしかすると今回の文明の焦点移動で地球上の一巡を終え、日本に戻ってくることとなるのかも知れません。


Photo_2



マネー文明の終わり
今回の文明の現状を見てみると、世界はマネー主義がはびこり、いかにマネーを獲得するかということが至上命題となり、科学の発展もその手段となってしまっているかのようにも思えます。そしてマネーの獲得があらゆる生命よりも重んじられ、更には私たちが住むこの地球よりも重視されるという、まさに自然の法則に反した状況となっています。すなわち今回の文明の行き着いた先は、科学とマネーが我欲によって渦を成すようになってしまった文明ということになるのかもしれません。


しかしいくら人間が自然に反することでもって(世界を)制覇しようにも、そこには限度があります。自然に反することで永続するものはありません。現在のマネー主義「今だけ、金だけ、自分だけ」は、まるでバベルの塔の如く天まで届きそうな高さとなっていますが、それは崩れ落ちる前の大いに揺れている状況となっています。


ではこのマネー文明が崩れると同時に今回の文明は過去4つの文明と同じように終焉を迎えることとなるのでしょうか。過去4つの文明を振り返ると、その中心大陸の沈没と同時に終わりを迎えることとなります。となると日本の沈没と同時に現文明が終わることとなります。けれども日本列島は過去のものと比べてあまりに小さな島でしかありません。もしかすると地球の磁極の反転(ポールシフト)等が起こり、すべての電子機器が作動しなくなるのかもしれませんし、実際ポールシフトが起こる兆候もあるようですが、今回の文明の終焉方法は過去4つのものとは違うカタチとなるのではないかと思うのです。


なぜなら今回地球はこれまでの文明以上に人間にボロボロにされても耐え続けています。大地は削られ、水は毒され、空気は汚されてしまっています。そしていかなる生命よりもエゴを優先とし、人間自身が傷を負う状態となり、更には世界中に蔓延するマネー主義による貧富の格差の拡大し、本来ならばとっくに天変地異に襲われてもおかしくない状況です。それにもかかわらず地球が耐え続ける理由は何なのでしょう。そこに意味が隠されているのではないでしょうか?


Photo_3



天の助けとお力添えをいただく
現在世界における支配者たちやマネー猛者のあぶり出しが行われています。これまで公にはされなかったマネーシステムの裏側、そしてそこにいる人々が次々と暴かれるようになっています。ロックフェラー、ロスチャイルド、イギリス王家、あるいはバチカンという巨大な権力を持つ者たちから、911の裏側、タックスヘイブンの利用者たち、そして世界各国の権力者達にいたるまでの裏側の世界が表沙汰となっています。それらはウィキリークスやスノーデンの暴露を始めとして次々と表の世界へと出てきており、それらの情報はインターネットやSNSを通じて世界中に広がるようになっています。それにより私たちはこれまで掛けられていたマインドコントロールから解かれつつあります。


更に科学の発展等による古代史研究の進展、あるいは世界中でスピリチャルな能力を持つ者が通じ合うようになり、世界各国の古代の様子、地球の歴史が明らかになりつつあります。セガリア・シッチン氏によるシュメール文明の解明もそうですし、一番の驚きは先にも書きた縄文時代の生活文化でしょう。そこにあったのはこれまで誰もが考えていた原始的生活ではなく、1万年以上続く自然に沿って生きる高度に発達した文明だったのです。


そして近年の日本の歴史はこれまで以上に掘り下げられ、江戸時代は封建主義社会の中で、庶民の多くが質素な生活ながら満足した顔をしており、笑いの多い生活を送り、幕末に訪れた西洋人から見ればまるでパラダイスであるかのように思えた国であったことが明らかにされました。


その国が一転して明治時代から富国強兵の下軍事の道を走り、一時はロシアに勝ちはしたものの、世界で唯一の核兵器による被爆国家となり、太平洋戦争に敗れました。そしてそこから経済国家と生まれ変わり、エコノミックアニマルと揶揄されつつも一時は世界を圧巻するだけの勢いを持つまでとなりながら、これもまたバブルの崩壊とともに崩れ去りました。その後四半世紀低迷を続ける中で原発事故が起こり、大惨事となったことは多くの人々の記憶に残っているところです。


しかしこうして振り返ってみると日本ほど不思議な国はありません。自然との共生、1万年以上続く歴史、パラダイス国家、そして被爆国家と世界で類を見ない歴史と体験を積み重ねている国であることが分かります。この歴史的経験の積み重ねには何らかの意味があるのではないでしょうか?


Photo_7



立て直しの始まり
今世界は混乱の最中にいます。世界中がマネー獲得争奪戦を繰り広げ、無理やりにでも利益を生み出し、バブル状態が形成されています。そしていまにもそれははじけてしまいそうな危険な状況となっています。また中東では争いが絶えず、多くの難民を生み出し、ヨーロッパ各地へ逃げ込み、それがまた新たな対立を生みだしています。アメリカはトランプ大統領誕生後国内は内戦状態を呈しています。そこに輪をかけるように自然災害が多発し、二進も三進も行かない状況なってきています。


そんな中日本も同様に政権スキャンダルは起こり、国会議員の不祥事は続き、日銀は莫大な額の国債と債権を抱え、更には大企業も揺れ動いています。一時は政権がその強権でもってメディアを取り込み抑え込んでしまったかのようにも見えましたが、徐々に綻びが見えてきています。


結局世界も日本もこれまでのマネー主義、権力主義が終わりを迎えようとしているのが現状ではないでしょうか。そのような中で日本にはひとつ世界とは違ったところがあります。それが先ほど書いた世界に類を見ない日本の歴史的経験の積み重ねです。バブルの崩壊、封建社会の中のパラダイス国家の構築、自然との共生の歴史など、世界にこれから起こるであろう歴史上はじめての経験、そしてその後の課題を日本はすでに経験しているのです。ここに今回の文明の中心は日本が中心であること、そして文明の一巡後の立て直しの秘密が隠されているように思うのです。


すなわち今回の文明は中心地の沈没による終焉ではなく、一巡後の立て直しがメインとなるのではないかということです。ボロボロとなってしまった地球、エゴが際立ち人間自身を破壊し始めた人類、これらに調和と秩序を再びもたらすことがこれから新たな世界の焦点となる日本の役割となるのかもしれません。


Photo_5



調和と秩序
アマーリエさんによると、日本こと大和の地はアマテラスを中心とした紫のオーラを持つ地であるそうです。そしてこの紫色とは調和や秩序のシンボルであるそうです。これからの世界に必要なのはまさに調和と秩序です。それを日本は基礎とした国であり、歴史的にも成し遂げてもいる地なのです。


科学はこの150年で相当の発展をしてきました。それと同時に物質主義がはびこりましたが、その振り子が降り戻されるように意識についての研究が進むとともに、スピリチャルが台頭し、再び精神が見直されるようになって来ています。現在の文明の行き過ぎを見直すととともに、何が必要で、何が不必要かの選択を行い、新たなる秩序と調和を生み出し、人類の新たなる発展につなげていくのがこれからの日本の役割ではないかと思うのです。


世界は混乱の真っ只中ですが、そこに生み出されているのはひとつの世界です。そのひとつの世界に調和と秩序をもたらし宇宙時代へと突入していけるかが今回の文明の終焉と新たな文明の誕生の鍵となっているように思います。そしてその鍵は日本が持っているのです。




Photo_6




(※1)参考文献:「ガイアの法則」千賀一生 (徳間書店)より










らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~